企業主導型保育とは、内閣府が平成28年度から始めた新しい取り組みです。
多様な働き方に対応した保育サービス拡大を行うことで、
待機児童解消をはかり、仕事と子育てとの両立を支援するのが目的です。
企業のニーズに応じて、会社が保育所を設置・運営することを助成する制度となっています。

○メリット

  • 働き方に応じた多様で柔軟な保育サービスが提供できます。
  • 地域住民の子供の受け入れができます。

企業主導型保育について、詳しくは内閣府のホームページをご覧ください。

 →内閣府ホームページ